雑記

弱小企業の就活で成功報酬型に見るマイナス要素

小規模オフィスへの就職活動で、成功報酬型サイトに名前だけ登録している人に言いたいことがあります。今より好条件のところからスカウトされないか、ただただ口を開けて待っているだけの状態はもったいないことこの上ない。今回は企業と利用者双方の声として一石を投じる事にします。

スポンサーリンク

Adsense336

ビッグキーワードで検索上位に食い込むブランド力

まず何故利用者が後を絶たないのかについてですが、それは「お祝い金制度」と、付け入る隙のないSEOによるものだと考えます。成功報酬型サイトはこれで利用者を獲得して、企業にその名簿を売る訳ですね。ですがお祝い金というものは実際に受け取れないケースもあります。

ユーザー視点

さて、実際にお祝い金を受け取れた利用者がどれだけいるのでしょうか。資金の出所は募集をかけた企業ですが、金払いの良い企業だけが登録しているものとは考えない方がいいです。

お祝い金の受け取りは手続きが面倒

期間内に然るべき申請をしなければ、お祝い金は受け取れません。しかし、いくつかの成功報酬型サイトで転々と職場を変えてきた新人さんはこう話します。

企業側がゴーサインを出さないと貰えないようになっているのだとか。窓口でそう説明を受けてすごすごと引き下がったそうです。

それでは謳っていることと違います。お祝い金の文字を見て応募したのに、いざ採用されたら貰えないとは。支払えないなら最初から載せなければいいのに。はっきり言って詐欺もいいところ。でもこれって採用された側にしてみたら声高に叫ぶことが出来ない話ですよね。最後、尻すぼみになった新人さんには同情します。

メリットは勝負の事前PR

フリーペーパーは性質上、可能な限り篩にかけるので一にも二にも面接をしなければなりません。一方成功報酬型はサイト上にある程度PRしておくことで、企業側もどんな人物かを知る手がかりになります。お互いにかける時間を無駄にせずに済みます。

弱小企業視点

人材募集にかけるお金は極力抑えたいものです。資金力が無いので当たり前です。しかしながら成功報酬型サイトに対して払う金額は概算で、初期費用の担保に10万、基本利用料で毎月10万。そこから更に未経験でだいたい3万、経験者で倍、資格持ちで未経験の三倍もの報酬が発生します。これら経費がかかる上で吟味しているので、名前だけ載せてPRが空欄になって放ったらかしにしている人を見ると、やる気を疑います。

フリーペーパーより優れているのか

駅やスーパー、コンビニなどで見かけるフリーペーパー。一番小さい枠に掲載しただけでも16万ばかり飛んでいきます。応募が無かろうが採用なしだろうが、問答無用です。反面、固定額なので人数を揃えるのであれば、フリーペーパーに載せた方が費用はかからずに済みます。

アクティブに就活するのはごく一部

登録者に打診する事ができますが、この内まともに返ってくるのは本当に僅かです。成功報酬型サイトが抱えているのは登録した事がある人数分の名簿に過ぎず、今も尚就職活動中かどうかは別です。特に登録から一年以上が経っている人材に至っては、サイトを継続的に見ているか、果ては打診の通知が届いているのかも定かではありません。十中八九、無視されていると考えましょう。

無断欠勤されても保証がない

サイトによりけりですが、面接を通過して採用通知を送ったにも関わらず、欠勤されてしまった場合です。残念ながら料金プランによっては保証外の扱いで、課金が発生してしまいます。来ることのない人に課金を迫られるのは痛手です。

ここで大事なポイントは、先の事前PR力と、面接時に正装をしているかどうか。うちはこの二点が駄目なら雇わないことにしています。但し、あまり理想を高くすると、そのハードルを越えられる人が少なくなるので、最終的には人となりを見なければならないのですが。

担保は返ってこない

初期費用でもある担保ですが、これがまた返ってきません。営業マンの話では、金払いの悪い企業が出た場合、報酬額はそこから差し引くというもので、返還されるものだとしていました。ですが、うちの経理担当者曰く、返ってこないものだという事が判明しました。

成功報酬型サイトからしてみれば、リピートさせたいからこその措置なんでしょうが、聞いていた話と丸っきり違うのには納得しかねます。

就職先選びから面接まで

検索キーワードをより詳細に

一番に訴えたいのはこれ。ポータルサイトを見ても分かる通り、業界ひとつ取っても、無数にお店が出ています。お店がホームページを出している場合は求人欄を見てみましょう。割に合わなければ他を当たりましょう。「求人 ◯◯」というキーワードは求人を取り扱うサイトばかりがズラリと並びます。そうではなくもっと細かく、「業界名 駅や地域名」とでも検索すれば、お店のホームページも出てくるはずです。(例:表参道 美容院)

面接に私服で行かない

面接時の格好はかなり重要です。企業から指定されている場合を除いて、正社員の応募ともなれば尚更。面接官にアルバイト感覚で受けに来たなと思われたら、その時点で負けています。重要なのは、面接の為に用意をしてきたというアピールです。印象がまるで違います。

人見知りは損をする

当たって砕けろ、これです。面接官は、採用した後のことを考えています。例えばそうですね、現場でその人が働く姿を想像したりでしょうか。一度の面接で全てが伝わる訳ではありませんが、面接官はその人が持つ本質に触れたがります。ぼそぼそと話すよりはハキハキと、目を見て話せないようなら眉間の辺りを見て話しましょう。緊張するでしょうが、変に擦れているよりフレッシュさがあり、それこそ武器になります。自信を持って下さい。

The following two tabs change content below.
Akky
会社員有限会社 宮坂整骨院
横浜で整体を生業としています。当ブログは、趣味/仕事/商品紹介/気になったことを記事にしていきます。共感するところが少しでもあれば、SNSでアクションを起こしていただけると嬉しいです。

Adsense336

-雑記

© 2021 タブカン Powered by AFFINGER5